ライフ・オプションについて

ライフ・オプションとは?

ライフ・オプションとは”次のキャリア(人生)の選択肢”と考えます。

例えば、海外就業、転職、副業(複業)や小さな起業、社会貢献活動などを行うことです。

次の、新たな人生を歩むにあたり、どんな生業をして、どういう生き方がしたいか一緒に考えたいと思っています。

私の思い

人生の分岐点にいるみなさん、あなたの人生の選択肢について、私と話してみませんか。

私の今の所の人生の分岐点は、13歳で家族から自立した時と、社会人になって海外就業をした時です。

人生には色んな選択肢がある、ということを学んだ初めの体験は、両親が旅に出る事を選択肢したときです。両親は「これからは、各自、自分の生きたい道を選ぶように」との通達を出し第二の人生を歩んでいきました。

この体験から、人生は自分のもの、どんなふうに進みたいかは自分で考えて選択していこうと思い、30代に入ったいまはベトナムにいます。

家族のおかげで人生の早い段階で、オプションの存在を意識することができたので、まずは、世間一般的に普通とされている大学進学と就職の選択をしました。そして、最低3年と言われる社会人生活が経過した頃、次の選択をどうするか考え始めました。

よりワクワクし、成長できそうな海外就業を選択しました。この選択をするために、様々な葛藤やモヤモヤを乗り越えるのに2,3年費やしました。それでも海外就業を決めることが出来たのは先輩や経験者などたくさんの人のアドバイスやサポートがあったからです。この時に人と話す事の大切さや重要性を実感しました。

そうして実際に海外で働くと、本当にたくさんの学びや経験を手にすることができました。何よりも、今まででは気づけなかった価値観をたくさん知ることができました。その経験を活かし、現在は人生を豊かにする学びとしてNLPやビジネス/エグゼクティブコーチの資格を取得し、人生の選択肢に加えた所です。

私はこれからも様々なオプションを増やし、人生をより豊かに、成長していくための選択をしてきたいと考えています。

家族からの独立、転職、海外就業、起業、結婚、子育てなど人生の分岐点は、いろいろあると思います。ご自身の辿ってきた道のりを振り返りながら、人生の選択肢についてお一人でじっくり考えるのも良いですよね。

ただ、異なる価値観を持つ他人との対話の中から芽生える選択肢もあると思います。

是非あなたのオプションを一緒に考えさせてもらえないでしょうか?

日本から時差2時間の遠そうで近いベトナムから、オンラインでお待ちしています。(音声のみでもOKです)